【恐怖】床オナを今すぐ止めるべき1つの明確な理由

あなたは、もしかして”床オナー”ではありませんか?

 

あなたは、床オナという言葉を聞いたことがありますでしょうか?
30代のくらいまでの方だったら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

床オナとは、ペニスを床や布団にグリグリと押し付け、射精へと達するようなオナニーの方法を言います。
人によっては雑誌や壁に押し付ける人もいるみたいですね。

 

この床オナニーは、手で上下運動(スラスト運動)させてする通常のオナニーよりも強い刺激が得られることから、ハマってしまいなかなか抜け出せない人も多いと聞きます。

 

でもちょっと待ってください!

最近、この床オナを長い間続けていた人の中で、あるトラブルに見舞われている人が急増しているようなのです。

すみません。。。床オナ僕もやってしまっていました

先ほどご説明した床オナですが、偉そうなことを言いつつ僕もやっていたことがあります。

床オナは、普通に手でオナニーする方法とは違った方法でペニスへ刺激を与えます。
布団や畳などに自分のペニスをギュギュと押しつけることで刺激を与えるんですね。

初め僕が床オナをしたときは、これまで経験したことがない気持ちいい感覚や何か悪いことをしているようなドキドキ感、目をつぶれば誰か相手がいるような感覚がたまりませんでした(笑)

 

床オナサイコーとか、思ってました。

 

かし、最近このブログを執筆するためにいくつかの本を読んでいたところ、興味深い記事を見つけました。

 

それは、「床オナニーを続けた人達に遅漏で悩む人が増えてきた。」という内容です。また、そのような遅漏で悩む人の中には、重度の遅漏でセックスでも全く射精できなくなり最終的には、泌尿器科に相談する方もいると書かれていました。

なぜ床オナニーをすると遅漏になるのでしょうか?

 

床をなおやり続けると、遅漏になるってホントですか?

なぜ、床オナを続けると遅漏になるのか?

繰り返しになりますが、床オナは床や畳、布団などにペニスをギュギュと押し付けながら快感を得て射精に至ります。

 

この普通でない方法で射精まで至ることに慣れてしまう事で、上下運動(スラスト運動)で刺激を与えて射精まで至る普通のオナニーや、セックスの刺激では気持ちいいとは感じれなくなってしまう事が原因です。

 

また、「床オナではいけるのに、セックスではいけない。」

このことは、女性に対しても大きな負の影響与えてしまう結果となり、夜の生活もままなら ない状態で悩み、最終的に泌尿器科や男性専門のクリニックを受診する結果へとつながります。

 

床オナをし続けると、子供が作れなくなるかもしれない

俺、早漏だし遅漏になれるんだったら床オナいいじゃん。

そう思った方はいませんか?

 

確かに、遅漏になれるのは事実かもしれませんが、この床オナで遅漏になることと、普段から亀頭に刺激を与えて強くして遅漏になっていくのでは、方向性が全く違うという事を覚えておいてください。

 

また、床オナをし続けた人たちを最も悩ませている問題が、”セックスで射精できなくなる”という事です。

 

あなたが現在、 学生、独身、彼女やパートナーがいないといった状況なら、あまり危機感を感じていないかもしれません。
なぜなら、僕もきっとそう思ってしまうと思うからです。

でも冷静になって考えてみて下さい!
何度も言いますが、床オナを続けると通常のオナニーや、セックスでは射精にまで至ることができなくなってしまいます。

 

それはいずれ、あなたが子供を作ろうと思った時に膣内射精することができなくなるということでもあります。
僕の想像でお話ししているわけではありません。

 

実際に、膣内射精することができなくなり子供を作りたいけど作れないと悩み、専門の施設を受診する人が事実存在します。

 

また、一度床オナの刺激に慣れてしまった感覚を元に戻すのは容易なことではなく、現在のところ即効性のある治療法はありません。
少しずつ手を上下させて行う普通のオナニーで射精することができるように、習慣づけていく方法しかありません。

 

床オナを続けると包茎も悪化する!?

ここまで床女をすると遅漏になる、子供が作れなくなるというお話をさせていただきましたが、床オナによってもたらされるデメリットはもう一つあります。

それは、別の記事でもお話しさせていただきましたが、床オナを続けることで包皮の皮が今よりも確実に伸びます。

 

これはつまり 、包茎がますます悪化することにもつながってしまうという事を意味します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

床オナは、確かにこれまで味わったことのない刺激があり気持ちいいです、目をつぶれば誰かとやっているような感覚さえ感じられます。(個人的な意見です、、、笑)

しかし、床オナを続けるとセックス時に膣内射精することができなくなり、将来子供を作れなくなるという可能性があります。

そして、後悔し始めた頃には後の祭り。
この床オナに慣れてしまった体を普通のオナニーや、セックスの刺激で射精できる体に戻すための即効性のある治療法は、現在ところありません。

完治させるためには、床オナを止め、少しずつ時間をかけて普通のオナニーやセックスの刺激で射精できるように矯正していくしかありません。

もし、いまあなたが床オナにはまっているなら、今すぐ止めることをオススメ致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

僕の包茎手術体験記もぜひご覧いただけると嬉しいです。


もう、悩むことに疲れた・・・

人生は一度きり。
今送っている時間も今しか手に入れることはできません。

僕は、悩み続けるのに疲れていました。
そして、これから一生悩み続ける事にも・・・。
だから、思い切って包茎手術を受けることを決意。

今では、「彼女にも、友達にもコソコソと隠さなくていい。」
そんなストレスのない人生を手に入れることが出来ています。

あなたも、もう悩むのを止めたくはありませんか?


清き一票をお願い致します。

いつも応援頂き、ありがとうございます!

お陰様で、一桁台まで来ることができました!!


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です