あなたの包茎は治療で治るタイプ?治らないタイプ?

「包茎手術をすれば、平常時でも亀頭が露出したペニスになることが出来る。」誰もがそう思い描いて手術を受ける事と思います。

 

しかし、中には包茎手術を受けたのにもかかわらず、勃起時には亀頭が露出するようになったが、平常時では手を使わないと露出した状態にならないという人がいるのです。

 

また、このように平常時から剥けないという状態ならまだマシなほうで、平常時でも亀頭が露出することを求めすぎ、信頼できないクリニックで手術を行い皮を切りすぎてしまうというトラブルもあります。

 

そこで今回は、包茎手術をする前にぜひ押さえておいていただきたいポイントをお話していきたいと思います。

 

包茎手術で平常時から剥けるタイプ?剥けないタイプ?→違いは、〇〇にあり!

手術後、平常時から亀頭が露出するタイプの人と露出しないタイプの人の違いは、ズバリ・・・

 

ペニスの膨張率にあります。

 

例えば、平常時は5cmのペニスの人が、勃起時には、15cmになる場合には、その伸びる分だけの皮を包茎手術後も余らせておく必要がありますよね。

 

この余らせておく必要がある皮が長すぎると、包茎手術をしたのに亀頭が露出しないという状態になってしまう可能性があります。

もう少し詳しく言うと、包茎手術前の今の状態で、勃起させた状態で既に皮がピッタリで余っていないような人は、包茎手術をしてもあなたが理想としているような状態にはならないかもしれません。

逆に、平常時でペニスの長さ15㎝、 勃起時も15㎝という様な人は、平常時と勃起時のペニスの長さが変わらないため、単純に平常時に余っている皮を手術で切るだけでいいのです。なお、この平常時と勃起時のペニスの大きさがほぼ変わらない勃起の仕方をする人は、欧米人に多いと言われています。

 

あなたのペニスは、どっちのタイプ?確認する簡単な方法をご紹介します。

ここでは、あな他のペニスが包茎手術によって平常時から露茎するようになるタイプなのか否かを簡単に確認する方法をご紹介したいと思います。

それでは行きましょう!

 

あなたのペニスは、勃起させた状態のとき皮が余っていますでしょうか?

もし勃起させた状態で、皮が余っているようでしたらその分の皮を包茎手術によって取り除くことが出来ますので、平常時から亀頭を露出させることができる可能性が高まります。

一方で、「勃起させると包皮がピーンと張ってしまっていて、ほとんど皮が余ってなさそう。」という方は、包茎手術をしても平常時から亀頭露出させることは難しいかもしれません。

 

ただし、包茎手術によって現状よりもいい露茎に近づくことはできると言えます。

 

まとめると、包茎手術の際に重要になってくるポイントは、あなたのペニスの膨張率と勃起時の皮の余り具合に左右されるのです。

つまり、繰り返しになりますが、現状勃起させた状態で余分な皮がなければ、包茎手術によって切れるところが無いという事です。

 

あなたはどっちのタイプでしたでしょうか?
包茎手術前に、自分のペニスが包茎手術によって平常時から露出するタイプなのか、しないタイプなのか知っておくことで、思い描いていたのは、こんなんじゃなかったなどと後悔することが少なくなります。

 

【余談】日本人のペニス膨張率は、世界トップクラス!

包茎手術によって、平常時から亀頭が露出するかどうかは、ペニスの膨張率によって決まるということを繰り返しお話しさせていただきました。

 

そしてこの膨張率、実は日本人のペニス膨張率は世界トップクラスなのをご存知でしょうか。

米国人は、平常時のペニスから勃起すると膨張率は2.6倍と言われています。 一方で、日本人は3.6倍と言われています。

まあ、、、
平常時のペニスの大きさ自体が違いますので、単純に膨張率だけで比べるのはどうなんだという意見もありますが、、、(笑)

 

また、日本人のペニスは、米国人のペニスに比べて勃起時の固さも高いことも研究発表でわかっています。

 

さらにさらに余談ですが、日本人の勃起時のペニスの平均的な長さは13.56㎝らしいですよ。

あなたは平均以上ですか?

 

包茎治療で最もよくある失敗は、皮のツッパリ感

あなたは、包茎手術で最もよくある失敗をご存知ですか?

 

それは、、、勃起時に感じる皮のツッパリ感です。

 

なぜ、このように突っ張った感じになってしまうのかと言えば、それは単純ですが皮を切りすぎてしまったためです。

包茎手術の際に、医師が患者のペニス膨張率を見誤ったがために、包皮を切りすぎてしまい勃起時に皮が突っ張った感じがするというわけです。

 

手術をする際には、医師たちは患者のペニスを勃起させることはありません。
平常時のペニスの亀頭をつかみ思いっきり引っ張ることで勃起時のペニスの長さを推測します。この推測に基づいて、どのぐらい包皮を切るのかを決めるのです。

ですので、 経験の乏しい医師に包茎手術を任せてしまうと、推測が大きく見誤られ皮を切られすぎることも実際に起きています。

切ってしまった皮は、もう元に戻すことはできません。
包茎手術は川を切るのは簡単ですが、後戻りすることは不可能です。

ですので、包茎手術をする場合には費用の面だけではなく、そのクリニックや執刀医が本当に信頼できるかどうかを口コミや評判、カウンセリングで見極めることが非常に大切と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は包茎手術で平常時から亀頭が露出するタイプの人と、露出しないタイプの人の違いについてお話しさせていただきました。

もう一度簡単にまとめさせていただきますと、平常時から亀頭が露出するタイプのこと露出しないタイプの人の違いは、ベニスの膨張率にあります。

つまり、平常時と勃起時のペニスの長さが大きく異なり、勃起時に皮がほとんど余っていない状態だと包茎手術をしても平常時から亀頭を露出させた状態にする事は難しいかもしれません。

そして、それを簡単に見極める方法としては、実際にペニスを勃起させてみて皮が余っているかどうかを確認してみてみることで確認できます。この時、ペニスの皮が余っているようだったら、包茎手術によって今の状態よりも確実に露茎にすることが出来ます。

ぜひ、 包茎手術を受ける前に 確認してみてくださいね。

包茎手術は、簡単との認識がもたれているが 実は・・・

包茎手術は、ペニスの余分な皮を切るだけの簡単な手術だと思われていることが良くあります。これは、患者だけではなく医師の間でもそのような考えを持っていることもあるのです。

かし、実際には見たこともない患者の勃起時のペニスを医師たちは、平常時のペニスを引っ張ることで推測して切る部分を決めます。

正直、これって想像するだけで少し怖くも感じますが、、、

そのため、繰り返しになりますが包茎手術をするクリニック選びは非常に重要です!

あまりよく調べずにクリニックを決めてしまい、手術後にペニスが突っ張った感じがするようになってしまった。となってからでは遅いのです。

最後は、少し怖がらせるような内容になってしまいましたが、通常は実績の多い大手のクリニック、口コミ・評判のいいクリニックをしっかりと選べばこのようなトラブルは起きる可能性は非常に低いと言えます。

あなたが一生、包茎で悩むことが無くなることを願っています。


もう、悩むことに疲れた・・・

人生は一度きり。
今送っている時間も今しか手に入れることはできません。

僕は、悩み続けるのに疲れていました。
そして、これから一生悩み続ける事にも・・・。
だから、思い切って包茎手術を受けることを決意。

今では、「彼女にも、友達にもコソコソと隠さなくていい。」
そんなストレスのない人生を手に入れることが出来ています。

あなたも、もう悩むのを止めたくはありませんか?


清き一票をお願い致します。

いつも応援頂き、ありがとうございます!

お陰様で、一桁台まで来ることができました!!


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です