もっと早く剥いていれば・・・。子供の包茎

こんにちは、ついに念願の脱包茎を果たしたライです!

 

あなたは、何歳のころチンチンに被った皮を剥いたか、
あるいは剥いてもらったか覚えていまか?

 

僕は、子供から成人になる過程で皮を剥く必要があるなんて全く知らなかったので、
剥くこともく仮性包茎のまま成人に・・・

まあ、今となっては子供のころに剥かなかったから包茎になってしまったのかは闇の中ですが、、、

 

もし、今現在あなたに子供がいるのなら、
将来、僕のように包茎で悩むことがないようにしてあげて欲しいと思うのです。

 

子供の包茎は剥く必要があるって本当ですか?

結論から言えば、半分”YES”で、半分”No”です。

 

確かに、子供が思春期を迎える前までには、剥かなければならない時が来ます。
ただ、あまり焦って早い年齢から包皮を無理に剥いてしまったり、包茎手術を行うのは非常に危険なので、絶対にやめてください。

 

なぜ危険なのかと言いうと、子供の包茎には、成人の包茎とは違って大切な役割があるからです。

 

子供の亀頭は、成人に比べ非常にデリケートで、弱いため
自身の尿に含まれている老廃物や細菌から亀頭を守る必要があります。

 

それを無理に剥いてしまうと、最悪の場合、亀頭炎や包皮炎を患ってしまう可能性もあるんです。

 

ちなみに、子供の包茎を難しい言い方をすると「生理的包茎」って言います。

 

その多さ圧倒的、仮性包茎(生理的包茎)であることは正義だ!

あなたは、子供の包茎の割合がどれほど多いか知っていますでしょうか?

 

実は、新生児で90%以上、小学生でおよそ40%以上が、仮性包茎(生理的包茎)と言われています。

 

10歳くらいまでは、この生理的包茎の状態が続き、思春期を迎える頃には自然と亀頭が露出して、包茎ではなくなっていきます。

 

つまり、10歳ぐらいまでの包茎だったら、無理に親が剥く必要はないと言えます。

 

かし、思春期を迎えても亀頭と包皮が癒着してしまって痛くて剥けないような場合や、皮の出口が狭く亀頭が露出できないような場合は、真性包茎やカントン包茎であることが考えられますので、早い段階で頻尿器科や、男性専門のクリニックに相談してみることをおススメいたします。

 

 

”むきむき体操”に注意!|子供の包茎を切らずに治す方法

ここ数年お母さんたちの間話題の”むきむき体操”。
最近では、ネットで簡単に包茎に関する知識を仕入れることができるからか、

 

「うちの子のペニスは、いつ剥けばいいんだろう?」

などの母親の方のSNSの書き込みをちょくちょく見かけ、関心というか驚きというか感じますね。

 

ただ中には、ネットの誤った情報を鵜呑みにしてしまっている方もおり、その最たるものとして挙げられるのが、この”むきむき体操”と言えます。

 

ちなみに、むきむき体操って何ぞや?って方のために解説すると、子供のペニスをキレイに保つことと、将来包茎にならないように子供のころから剥いてペニスの成長を促しましょう。

 

という、頻尿器科の岩室伸也先生という有名な医師が提唱しているトレーニングです。

 

むきむき体操でググっていただければ、その方法について書いているサイトが無数に出てきますので詳しい方法はここでは割愛しますが、

この”むきむき体操”にも注意が必要です。
それは、あまりにも幼い年齢、0歳から2歳のときにこの”むきむき体操”はやらないでくださいという事です。

 

あまりにも幼い年齢の子供に”むきむき体操”をして、皮の先端が裂けて出血したり、包皮が傷ついてしまったところがコブになってしまったり、将来自分の子供が包茎で悩まないようにと思ってやったのに本末転倒な結果になってしまった方も多くいるようです。

 

そこで、僕がおススメする方法としては、 専門のクリニックや泌尿器科で子供の包茎を治すための塗り薬で治す方法です。

 

経過を見つつできますし、誤った知識も介在しないのでグッと安全度は増します。気になる方は、一度相談し試してみてはいかがでしょうか?

 

 

もし子供が包茎手術を受けるなら、ズバリ!何歳がベストですか?

子供が包茎手術を受ける年齢は、ズバリ18歳がベストと言えます。

 

それには、2つの明確な理由があります。

 

一つ目に思春期の男の身体は、18歳前後まで成長すると言われており、
それは、身長だけではなく、ペニスも同様に成長過程にあります。

ですので、18歳になるまでは、様子を見た方がいいと言えます。

 

二つ目に、それまで包皮で成長が妨げられていた亀頭の成長率がグッと高くなるからです。
18歳という若い年齢で手術をすることで、18歳以降で包茎手術を受けた場合よりも当然、亀頭が大きく成長する可能性が高まります。

 

以上の2つの理由から、18歳が包茎手術を受けるベストの年齢と言えるのです。

 

なお、未成年者であっても、親御さんからの同意書や、同伴があれば包茎手術が受けられます。

 

まだ間に合う!将来、悩ませないために・・・

いかがでしょうか?

包茎は、あなたが思っている以上に子供を将来、悩ませます。

高校生ぐらいだったらすでに、誰にも相談できずに、悩んでいるかもしれません。

 

包茎は、適切な年齢から、できる限り早期に治療を始めることが大切です。

 

それは、悩みが悩みなだけに、思春期を迎えた男子がペニスの悩みを親や友達になんてなかなか相談できるものではありませんからね。
ましてや、手術を受けたいなんて恥ずかしくて口が裂けても言えませんでした。

かつての僕は。。。

 

から、察してあげてしいのです。

例えば、父と子で温泉に行ったときにでも確認してみて下さい。
経験則からして、頑なにタオルで隠しているなら、包茎で悩んでいる可能性が高いです。

 

確認できるなら、包茎かどうかチラッと確認してみて下さい。
そして、包茎だったなら父と子、男2人だけのときにさりげなく、話題を切り出してあげてください。

 

僕は、これまで本当に包茎で悩みました。
女性関係はもちろん、友達とお風呂に入ることも毎回毎回ヒヤヒヤしてました。

 

だから、同じ境遇にある人に記事を書くことで少しでも手を差し伸べることができたらと想い。
今回の記事を書かせていただきました。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 


もう、悩むことに疲れた・・・

人生は一度きり。
今送っている時間も今しか手に入れることはできません。

僕は、悩み続けるのに疲れていました。
そして、これから一生悩み続ける事にも・・・。
だから、思い切って包茎手術を受けることを決意。

今では、「彼女にも、友達にもコソコソと隠さなくていい。」
そんなストレスのない人生を手に入れることが出来ています。

あなたも、もう悩むのを止めたくはありませんか?


清き一票をお願い致します。

いつも応援頂き、ありがとうございます!

お陰様で、一桁台まで来ることができました!!


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です